« 2015年10月 | トップページ | 2016年2月 »

2015年12月

2015.12.26

父の力

オカメインコのナツちゃんが脂肪肝と言われてから、ブルース大国一斉にダイエットを強行中です。

毎朝毎夕、ご飯を測ってあげるだけですが、不思議と活気が出てきました。
セキセイインコもオカメインコも元気です!
ナツちゃんもようやくお薬入りのお水を飲んでくれるようになりました(^.^)
自分だけ色つきの水を飲ませられているナツちゃんは、放鳥タイムのたびに他のインコケージの天井に止まり、上から水入れを眺めていました。
そこで、3つのお薬のうち1つをお医者さんの許可をとってお姉ちゃんのタンタンの水に混ぜ、それをナツちゃんに飲ませたら、「透明だけどお姉ちゃんのも苦いんだ」とかんねんしたようです。
ナツちゃんの病院に行くには高速道路を使っても1時間30分くらいかかります。
前回、12月7日に病院に連れて行ったときは高速道路代をけちって峠越えをしたために私もナツちゃんも酔ってしまいました。ナツちゃん吐いちゃって、申し訳なかったです。
昨日、12月25日の通院日には付き添いにブルース父さんも連れていきました(^.^)
Cimg53622_2
ナツちゃんの恐怖を少しでも和らげたいのと、ドライブ好きのブルース父さんへのクリスマスプレゼントです。Cimg53682
結果大成功で、ナツちゃん車中でも落ち着いた様子です。
そしてブルース父さんは大喜び♪
トンネルを通るたびに「うじゅうじゅ」と喜びの歌を歌っております。Cimg53642
診察室でこわがるナツちゃんに先生が
「大丈夫よ、今日はお父さんが一緒でしょ」
と応援してくれてましたが、その頃ブルース父さんは隣に座った女の子に頭をなでてもらってたそうです。
診察結果は良好で、もう生えてこないかもと気になってた尾羽も、ちゃんと生えてきているということで、正月前に一安心ですhappy01
今回はブルース王さまに多大なお力添えを頂きました。
次回もよろしくお願い致します。

2015.12.01

ナツちゃん週間

オカメインコのナツちゃん、脂肪肝の疑い濃厚です。。。bearing

10月にナツちゃんの嘴が長いことに気づきました。
かかりつけの動物病院に診せたのですが、なんせ「鳥は診ません!」と言われるのを無理にお願いして診てもらっているので、専門的な検査はしておりませんでした。
Dscf1938_2
クリッピングしてもまた伸びて、のどに刺さりそうです。
お友達のらすさんに兵庫県のゆず動物病院(鳥専門の先生がいらっしゃいます)を紹介していただき、お電話でお話を聞いてもらったのをきっかけに、電話やネット検索で病院を探し、城南さくま動物病院に出会いました!(^^)!
11月24日に行ってきました。鳥専門の先生です。(嬉しい!!)
丁寧に丁寧に診てもらい、図を使っての説明を受け、身の引き締まる思いです。
レントゲンも撮ってもらいました。ナツちゃんの肝臓の大きかったこと。。。
女の子だということもわかりましたheart04
ただいま投薬中です。
3種類のお薬を50ccの水に溶かして、あとは飲んでくれるのを待つだけですが
「人間でも飲めないよ!」と家族みんなに言われるほどの濃さ。
匂いも凄いけど、鳥は嗅覚はそうでもないとネットでみました。それを信じて。
この1週間ナツちゃんと投薬バトル中でございます。Cimg5280
Cimg5281
病院探し中、うちから近い鹿児島の動物病院に何軒か「鳥の血液検査出来ますか?」とお電話をかけました。(我が家は熊本だけど山越えれば鹿児島・宮崎です。)
すべての病院が「うちは出来ないけれど○○病院はされるかも?」と他の病院を紹介してくださいました。
世の中あったかいなあと思いました。happy01
兵庫のゆず動物病院の先生も親身になってお話を聞いてくださいました。
感謝ですsign03

« 2015年10月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック